「STRENGTHS FINDER 2.0」をやってみました

STRENGTH FINDER 2.0

ストレングス・ファインダー2.0

34の強みの中から、自分の強みを5つ見つける事が出来るツール。

前にもやったことがあるんですが、これが2.0にバージョンアップしたので、改めてやってみました!

診断結果

Competition (競争性)

<競争性>の原点は、比較することにあります。(中略)競争するためには相手が必要です。そしてあなたは比較を必要としています。比較できれば競争することが、競争できれば勝つことができるからです。そしてあなたが勝利を手にしたとき、それに勝る喜びはありません。

 

Futuristic (未来志向)

未来はあなたを魅了します。(中略)あなたは、未来に何ができるかというビジョンが見え、それを心に抱き続ける夢想家です。現在があまりにも失望感をもたらし、周囲の人々があまりにも現実的であることがわかったとき、あなたは未来のビジョンをたちまち目の前に呼び起こします。それがあなたにエネルギーを与えてくれます。それは他の人たちにもエネルギーを与えます。

 

Strategic (戦略性)

<戦略性>という資質によって、あなたはいろいろなものが乱雑にあるなかから、最終目的に合った最善の道筋を発見することができます。(中略)他の人には単に複雑としか見えないときでも、あなたにはこの資質によってパターンが見えます。これらを意識して、あなたはあらゆる選択肢のシナリオの最後まで想像し、常に「こうなったらどうなる?では、こうなったらどうなる?」と自問します。このような繰り返しによって、先を読むことができるのです。

 

Learner (学習欲)

あなたは学ぶことが大好きです。(中略)あなたはいつも学ぶ「プロセス」に心を惹かれます。内容や結果よりもプロセスこそが、あなたによっては刺激的なのです。(中略)最初にいくつかの事実に接することでぞくぞくし、早い段階で学んだことを復唱して練習する努力をし、スキルを習得するにつれて自信が強まる――これがあなたの心を惹きつける学習プロセスです。

 

Maximizer (最上志向)

優秀であること、平均ではなく。これがあなたの基準です。平均以下の何かを平均より少し上に引き上げるには大変な努力を要しますが、あなたはそこにまったく意味を見出しません、平均以上の何かを最高のものに高めることも、同じように多大な努力を必要としますが、はるかに胸踊ります。

 

今回の結果はこんな感じでした。

前回は確か、未来志向、最上志向、戦略性、活発性、包含だったので、3つは変わりないですね。

 

感想

やっぱり自分らしさを顕著に表しているなと思いました。

ナンバーワンだったりオンリーワンだったり、自分が最高だと納得出来る未来を実現するためにはどうすれば良いのか、新しいやり方は無いのか、そんなことを常に自問自答するのは昔から変わらないなと。

レガシーなことをレガシーなままやり続けるのは、やっぱり向いていないようです笑

驚いたのが競争性と学習欲が出てきたこと。

同年代の優秀な人が多い職場で何をどうアピールして勝ちに行くか、みたいなところを意識しながら仕事をしていて、割と嫌いじゃないなと感じていたので、少しずつ強みとして育ってきているのかもしれないですね。

以上

 

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

Amazonでトム・ラス, 古屋博子のさあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0。アマゾンならポイント還元本が多数。トム・ラス, 古屋博子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またさあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

BookDiary