Torisetsuに刺激されてTorise2を作りました。

TorisetsuというコマンドをGo言語で作ってみました。 - 生涯未熟

どうも、しょっさんです。今回はGo言語でTorisetsuというコマンドを作ってみた話をします。

 

syossanが作っていた「Torisetsu」というREADMEテンプレートを吐き出すコマンドラインツールにインスパイアされて、自分も作ってみました。

その名も「Torise2」です。

 

YuG1224/torise2

torise2 - README.md template generater

 

Install

Node.jsで作り、npm でグローバルインストールして使えるようにしました。

$ npm i -g torise2

 

Usage

Usage: torise2 [options]

Options:

  -h, --help               output usage information
  -V, --version            output the version number
  -a, --autor <autor>      This flag specifies the author name to print.
  -l, --license <license>  This flag specifies the choose license to print.
        Choose License:
          none      : None
          apache    : Apache License 2.0
          mit       : MIT License
          al        : Artistic License 2.0
          bsd2      : BSD 2-clause 'Simplified' License
          bsd3      : BSD 3-clause 'New' or 'Revised' License
          cc0       : Creative Commons Zero v1.0 Universal
          epl       : Eclipse Public License 1.0
          agpl      : GNU Affero General Public License v3.0
          gpl2      : GNU General Public License v2.0
          gpl3      : GNU General Public License v3.0
          lgpl2     : GNU Lesser General Public License v2.1
          lgpl3     : GNU Lesser General Public License v3.0
          iscl      : ISC License
          mpl       : Mozilla Public License 2.0
          unlicense : The Unlicense
  -t, --template <path>    Input the name of the file except for the extension.

基本的に使い方とオプションの種類等は torisetsu と同様ですが、異なる点が2つあります。

 

Author

torise2 -a '[Yuji Yamaguchi](https://github.com/YuG1224)'
## Author
[Yuji Yamaguchi](https://github.com/YuG1224)

torisetsu では -aauthor_name を渡すことで、GitHubのプロフィールページへのリンクが挿入されましたが、ここは自由に記述出来るようにしてみました。

 

Template

-t で置換する際の文字列も torise2.license torise2.author に変えてあります。

## License
torise2.license

## Author
torise2.author

 

まとめ

誰かに刺激されて自分でもやってみるのすごく楽しい。同じ言語の写経とは違って、ズンドコキヨシやGetWildと似た感じ。

得意ではない言語で作られているツールを得意とする言語に移植しようとすると、お互いの共通点や相違点を確認することになるし、Hello,Worldよりも理解は深まりやすいような感じがしました。

 

以上