株式会社サイバーエージェントを退職します。

2016/09/30付で株式会社サイバーエージェントを退職します。

2016/01/01入社なので、9ヶ月というスピード転職です。

何をやっていたのか

フロントエンドエンジニアとしてJoinしながらも、AWSの環境構築をしたりJenkinsおじさんをしたり開発方針に文句をつけてみたり、フロントエンドのレイヤ以外にも幅広く関わることが出来、本当に感謝しています。

新サービスの立ち上げと改善を超スピードで駆け抜けて、濃密な9ヶ月間を過ごせたことで、自分自身が何倍も成長出来たと感じています。

実は1社目の時は、自分自身のことを井の中の蛙だと思っていて、根拠の無い自信みたいなもので自分を奮い立たせてやってきた感じがありました。

サイバーエージェントに転職することが決まった時も、自分は一体どれだけのことが出来るのか、心の中は不安でいっぱいでした。

しかし、それまで自分の経験してきたことや持っているスキルでチームに貢献することが出来たことで、何が自分の強みで何が出来るのか、それを確認することが出来ました。

今後も、ビジネスサイドとバックエンドの仲介となり、広い視野で最高のユーザ体験やアーキテクチャ構築を実現出来るエンジニアを目指して、精進していこうと思います。

なぜ辞めるのか

技術力や意識の高いメンバーに囲まれ、PCや椅子なども整っていて、エンジニアとしては不自由ない環境であり何も不満はありませんでした。

しかし、技術力の高いメンバーが多いとタスクを均等に割り振ることが出来、一人当たりの担当領域が少なくなってしまうことがあったため、自分としてはそこに物足りないという気持ちを感じてしまった気がします。

何でも自分が一番でなければ気が済まなくて、何でも自分が関わっていたいと思う自分としては、技術力が高いメンバーは仲間ではなく、対戦相手やライバルとして外から目標とするくらいが丁度良いのかもしれないと感じています。

次の職場は専任のフロントエンドエンジニアがほとんどいないということで最前線に立てるだろうし、フロントエンドの開発体制の改善などやれることもたくさんありそうなので、良い意味で破壊してやろうと思います。

ちなみに

今回、今流行りの転職ドラフトで転職を決めたのですが、自分の場合は特に問題もなかったので良かったです。

「みなし残業」めぐるトラブル 匿名ブログの指摘を受け「転職ドラフト」運営会社が謝罪

転職サービス「転職ドラフト」を開催するリブセンスは9月26日、同サービスに関する匿名ブログの指摘を受け、経緯説明と今後の対策を発表した。選考前に提示された年収と内定後の年収に差があるという指摘で、みなし残業の告示の有無が問題になっていた。 「みなし残業」に関する匿名ブログの指摘が話題になっていたリブセンスが、経緯説明と今後の対策を発表 ...

以上

Diary転職