「ムーブ ユア バス」で自走してやる。

組織を「バス」に例えた組織論、リーダーシップ論、チームマネジメントの書籍。

最近は、ただ技術を追っているだけではなくて、総合的なレベルの高いチームを作るにはどうしたら良いのか気になっていたので買ってみた。

まず組織というものを、エンジンのないバス、自分達の足で走らせるバスに見立て、それに乗るメンバーを5種類にカテゴライズしているのだが、それがすごくわかりやすい。

組織のリーダーをドライバーとして、組織への貢献度を速度に置き換えて、ランナー、ジョガー、ウォーカー、ライダーとする。

ランナーはチーム最強のメンバーであり、まじめなジョガーもバスの原動力になる。ウォーカーはやる気にかけて、ただ乗りのライダーはもはやお荷物。

ライダーに時間を割いても無駄らしいので、自分がウォーカーやライダーにならないよう気をつけながら、自分を守るためにもチームメンバーをランナーやジョガーに引き上げるために意識していこう。

ひとまずは一緒に走れるランナーやジョガーを捕まえて、ドキュメントもテストもないこのプロジェクトをぶっ壊してやる。

以上

ムーブ ユア バス : ロン・クラーク, Ron Clark, 橘 明美 : 本 : Amazon

BookDiary