手を動かしたいという欲求は、手も動かしたいという欲求だった

「上流工程だけでなく技術を追い求めていきたい。手を動かしたい。」

というのが前職の退職理由だったのだが、最近その思いが実は少し違っていたのかなと感じ始めた。

サービスサイドとの折衝や上流工程しか出来ない状態の時は、確かに「手を動かしたい」と思っていた。

しかし、社員も業務委託も手を動かしている職場に転職すると、今後は「サービスサイドとの連携をさらに密にしたい」と思うようになっていた。

もちろん人によっては、バリバリコードを書くのが得意で、サービスサイドの仕事はしない方が生産性が向上することもあると思う。

でも自分はそうではないタイプだった。

サービスサイドのことも知りたいし、上流工程もしっかりやって、実際にコードもバリバリ書きたい。

どこか一つのレイヤーにどっぷりハマるよりも、俯瞰して全てのレイヤーに携わっていたい。

それまでの「手を動かしたい」という欲求は、実際は「手も動かしたい」という欲求の一部だったようだ。

 

以上

Diary