要注意!?効果の出ない技術研修に共通する3つのこと #devsumiC 参加メモ

要注意!?効果の出ない技術研修に共通する3つのこと

技術研修というと、一定の期間で必要な技術を教えていく詰め込み式でやってしまいがちです。しかし、個々の知識レベルや成長速度が大きく異なるために、これでは全員の成長に繋がりません。今回は、効果の出ない技術研修の共通点をご紹介しながら、「全員が確実に習得する」ためのポイントをお伝えしていきます。

CodeCampとは

  • 現役エンジニアのマンツーマンレッスン

    • ビデオ通話
  • 対応言語

    • 当初はPHPから始まり増加中
  • 特徴

    • 課題&レビューが中心
    • 個別指導
      • 講義型より個別型の方が平均点が高い

 

技術研修の必要性について

  • 業界全体が人材不足
    • 補うために人材育成が重要
  • 学生のレベル
    • 日本は情報系学科の学生が少ない
    • 絶対数が少ないので新卒は未経験者が多くなりがち

 

効果の出ない3つのこと

研修期間が固定

  • 配属前に技術研修を行う理由
    • 技術水準を一定にしたい
    • 現場教育は負担が大きい
    • 理想を刷り込む
  • 1ヶ月の外部研修で発生した問題
    • 現場配属したら知識が足らず現場に迷惑
    • 配属先を変更しOJTで追加研修
  • 3ヶ月の社内研修で発生した問題
    • 必要な知識が多く詰め込み式で中途半端になりがち
    • 未経験者にはハードルが高くて様々な不満や批判
  • 研修期間が固定では全員が求める水準に到達しない
    • 半分程度
  • CodeCampの実績
    • JavaScriptで簡単なWebアプリを作成してみる
    • 課題&レビューで理解度を確認
    • 一定水準クリアまでのレッスン回数(1回40分)
      • 2~28回でブレが大きい
  • 研修期間は早抜け方式
    • 研修の目的が達成出来ない

優れた教師がいない

  • 文部科学省
    • 教育の成否は教師にかかっているといっても過言ではない
    • 条件
      • 教職に対する強い情熱
      • 教育の専門家としての確かな力量
      • 総合的な人間力
  • 教師次第で脱落者が発生
    • 未経験者の教育の成否は教師にかかっているといっても過言ではない
  • CodeCampの実績
    • 生徒が教師を選ぶことが出来る
    • 教育スキルの違いは生徒からの人気へ顕著に現れる
  • 優れたエンジニア ≠ 優れた教師
    • 出来る人は出来ない人の気持ちがわからないことが多い
    • 未経験者だった人の方が教師には向いているかも
  • 研修担当は教育スキルで選別
    • エンジニアとしての知識に加え、研修担当者には教育スキルが必要

個別フォローがない

  • 分からないことがあったら質問してください
    • 大丈夫です!←全然大丈夫じゃないw
  • CodeCampの実績
    • 課題はコードレビュー合格まで再提出
    • 課題クリアまでのコードレビュー回数
      • 1回でクリア出来るのは全体の8%
      • 9割以上の生徒が指摘や改善の余地がある
  • 理解度や改善点は千差万別
    • 1:1の面談やレビューで個別の状況把握が必須
  • 個別フォローを必ず行う

 

まとめ

  • 研修期間が固定
    • 完全早抜けではなくても、理解度によって時期をずらす
  • 優れた教師がいない
    • 教えるのがうまいか、未経験者に対する理解で選ぶべき
  • 個別フォローがない
Meetupdevsumi