「DevOps」やってみた。そして、気づいたこと、陥ること、見直すところ。 #devsumiB 参加メモ

「DevOps」やってみた。そして、気づいたこと、陥ること、見直すところ。

DevOpsは特定の規格ではないので、その解釈、やり方、売り方、向かう所など、皆同じではありません。とは言え、それぞれが何かの課題を解決しよう、開発と運用の現場をより良くしようという「思い」から始まっているのは同じではないでしょうか。本セッションでは、そんな思いからそれぞれが考えたDevOpsを「やってみた」現場から、特に多くの方が初めに取り組むことが多い「リリースとデプロイメント」の自動化を中心に「気づいたこと」や「陥ってしまったこと」を振り返ると共に「見直すべきポイント」をIBM DevOps ソリューションを切り口に解説します。

DevOpsとは

  • 創り続けること、生かし続けること
    • 使い続けてもらえるモノを提供
    • 創り生かし続けられる仕組み
  • 何を目指している(た)のか?
    • 創り届ける距離/時間の短縮
  • やったメニュー
    • 小さなチームの小さな改革
    • CIを進めてみたはいいが...
    • Opsから変えてみたら...

 

小さなチームの小さな改革

  • きっかけはビジネスの拡大/拡張
  • 無秩序な環境からの脱却
  • そのためにDevOps
  • 最初にやったこと
    • 自動化の検討
      • テスト自動化
      • デプロイ自動化など
  • 早めに気付けたこと
    • 部分最適ではなく全体最適
    • やるべき2つを選択
      • デプロイのしくみを再構築
      • 将来を見据えた構成の見直し
  • 次にやったこと
    • デプロイのしくみを再構築
      • オンプレ→クラウド
      • 標準化と自動化
    • 将来を見据えた構成の見直し
      • デプロイの再構築
    • IBM UrbanCode
    • IBM Rational Team Concert
  • 陥ったこと
    • コスト、期間が想定上にかかった
      • 「やる」は人数や規模に正比例しない
    • 思った以上に「やる」ことが多い
    • 小さくても「やる」範囲は広い

 

CIを進めてみたはいいが...

  • 標準化部門の施策としてDevOpsを推進
    • 生産性上げるにはCIでしょ!
  • やったこと
    • ソース管理サーバの用意
    • 共通ビルドサーバの用意
  • 気づいたこと
    • ソース管理がバラバラで共通ビルドサーバに乗せられない
  • 陥ったこと
    • ビルド用サーバのばらまき
  • 見直すべきところ
    • コスト以外も気にする
    • 最終的なビルドを意識した構成管理

 

Opsから変えてみたら...

  • ビジネスの改革
    • コスト削減
    • リリース時期の死守
  • やったこと
    • 自動化、運用絡みでデプロイの自動化
      • 運用人員"0"を目指す
    • 自動化でリリース作業のスピードアップ
  • 気づいたこと
    • アプリ、チームごとのデプロイ手順が別々で標準化/パターン化しにくい
    • 開発と運用のギャップ
    • 運用側の開発スキル不足
      • コードは読めるが、開発経験が少ない
    • 運用人員"0"は無理
      • デプロイ以外にも作業があった
  • 陥ったこと
    • 6ヶ月の予定が1年
    • 要員を追加しコスト3倍
  • 誰が「やるか」
    • 部署/部門/個人の得意/不得意を見極める
      • だれでもコードが書けるわけではない
  • 何から進めるか
    • 自動化対象の優先付け
      • 効果のある作業を選択
      • 80:20の法則
      • 自動化での効果の8割は2割の置き換えでできることが多い
    • 急がば廻れ

 

さらに...

  • IBM DevOps Solution
    • Mobile
    • Cloud
    • その他
  • Shift Left
  • benefits of shifting left
    • 早い時期(より左)から統合テストを繰り返す
    • リリース管理におけるリスク計算
      • 数が多くなればなるほどトラブルが起きやすい
      • 早めに小さく統合しておく
Meetupdevsumi