「IoT・ウェアラブル・VR~今後のデバイスに向けた開発手法について ~スマホの次を見据えて~」参加メモ

IoT・ウェアラブル・VR~今後のデバイスに向けた開発手法について ~スマホの次を見据えて~

IoT・ウェアラブル・VRなど今後のデバイスに向けて、ニフティクラウドを使った開発手法についてのセッション

セッション風景

ランチセッションだったのでお弁当がついていました。

お弁当

近いうちに生活がこのように変わる?

  • ウェアラブル端末から身体データを取得分析
  • 疲れの度合いに応じて適切な睡眠環境を提供

今後は様々な機器やセンサーがクラウドにつながる

データの流れと活用方法

  • 閲覧・通知
  • 分析・解析
  • 別の機器を操作

IoTサービスの開発手法

デバイス側、サーバ側の開発・運用が必要となるので、BaaSやmBaaSでコストを下げる。

IoTとBaaS

mBaaSを用いた開発手法と同じようにセンサーやデバイスからBasSに対して定期的にデータを送信し、データの解析はBaaS上で行う。

M2MでもBaaSを仲介することによって、対応プロトコルが違っていたとしてもやりとりをすることが出来る。

まとめ

IoTなどネットとつながるサービスが膨大に増える

サーバ処理を個別に開発・運用をするのは大変

BaaSを効率的に用いれば、デバイス側開発に注力することが出来る

CROSSMeetup