「フロントエンドエンジニア養成読本」を買いました。

「フロントエンドエンジニア養成読本」を買ってみました。

仕事は Web エンジニアで主にフロント寄りの開発をすることが多いし、自分としてもそっち側をもっと極めたいと思っていたのでタイミングが良かった。

フロントエンドエンジニア養成読本

目次

  • 特集 1 フロントエンドエンジニアとしての基礎と準備

    • 第 1 章 フロントエンドエンジニアとは?
    • 第 2 章 Web ブラウザの基礎知識
    • 第 3 章 UI/UX デザイン入門
    • 第 4 章 HTML/CSS/JavaScript 基礎
  • 特集 2 フロントエンド開発フィールドガイド

    • 第 5 章 マークアップクイックレシピ
    • 第 6 章 CSS 実践入門
    • 第 7 章 JavaScript の設計と指針
    • 第 8 章 モバイル・マルチデバイスへの対応
    • 第 9 章 フロントエンドの開発環境
    • 第 10 章 JavaScript 開発におけるテスト
    • 第 11 章 パフォーマンス入門
    • 第 12 章 Git でバージョン管理
    • 第 13 章 現場で使える品質管理
    • 第 14 章 セキュリティ対策の基本
  • 特集 3 フロントエンド開発最前線

    • 第 15 章 Web Components 入門
    • 第 16 章 ECMAScript 6
    • 第 17 章 WebRTC の実装

感想

HTML/CSS/JavaScript だけでなく、UI/UX、Git の使い方、新技術についてなど、興味深い内容が満載でした。

個人的には、第 8 章くらいまでが初心者向け、第 9 章以降は開発手法やツールについてなので中上級者向けの内容かなと感じました。

フロントエンド開発のいろはを網羅して紹介するための本というような位置づけなのか、専門的なことを深く掘り下げるような内容はあまり多くなかったですね。

人によってはそれが物足りなく感じてしまうかもしれないですが、これからフロントエンドを学ぶ新人、脱初心者したい人などは読んでおいても損はしないのではないでしょうか。

オススメです。

フロントエンドエンジニア養成読本 [HTML、CSS、JavaScriptの基本から現場で役立つ技術まで満載! ] (Software Design plus)