東京Node学園 14時限目に参加しました。

東京 Node 学園祭 2014 の告知

http://nodefest.jp/2014/

凝った作りになっていて、Enter で花火を打ち上げられたり、WebGL で 3D やっていたり、GoogleMap は Web Components だったり、しれっと最新技術が使われていました。

Synth について @pchw

https://speakerdeck.com/pchw/synth-dong-jing-nodexue-yuan-2014

Synth とは API ファーストの Web アプリケーションフレームワークで、ディレクトリの構造をそのまま URL マッピングすることが出来ます。

MV*フレームワークを使っていると、ページがロードされているのにコンテンツが表示されないという弱点がありますが、これを Synth ではプリロードという機能で解決しています。

基本は Angular を使って作られていて自分で好きな MV*フレームワークに置き換えることが出来ますが、Angular に頼っている部分が多いので、自分でカスタマイズしなければならないそうです。

ちなみに、Tokyo Otaku Mode では Synth は使わずに普通に Express を使っているみたいですw

milkcocoa とそれを支える技術 @_sgtn

https://slidebean.com/p/TO1HWyiK6r/milkcocoa

milkcocoa とは Node.js と MongoDB、Socket.IO をまとめたバックエンドであり、Docker で包み込まれた第 5 の力だそうですw

それぞれの Docker がユーザ一人一人が作ったインスタンスであり、それらは Node で管理されています。各 Docker の上には Node があり、フロントとは Socket.IO で通信しているそうです。

AWS の API で実現しようとしたけど、Docker の方が安かったので、こうなっているとのこと。

質疑応答はあったのですが、企業秘密なのであまり詳しいことはありませんでした。

ちなみに、可愛い女の子のキャラクター、みるこちゃんは 404 ページにいるそうです。

Rendr の話 @hika69

http://www.storyboards.jp/viewer/wo41ho

Nodeconf 探訪記 @bad_at_math

ES6 でよく使いそうなもの @omatoro

http://slides.com/tomohirookayama/deck

Node.js で Queue を実現する kue の話 @muddydixon

https://github.com/muddydixon/nodestudy14

懇親会

懇親会では ES6 について質問しに行った流れで、@omatoro さん含め数人とずっと話していました。

個人的には ES6 は CoffeeScript っぽくてとっつきやすい印象なので、結構ありかなと。

ただアローファンクションの形が Coffee と違うからそこに違和感。