node-webkitでOpenWeatherMapの天気を表示するアプリを作った。

node-webkit を使ってみたくて、とりあえず作った。

OpenWeatherMapAPI の天気情報を取得して表示するアプリ。

メニュー内の検索フォームから任意の地点をクリックして追加、その後は 15 分で自動更新。

NeDBを使って地点は保存してあるので、終了しても地点が消滅することはありません。

node-weather screenshot

Source code: https://github.com/YuG1224/node-weather-app

tar or zip: https://github.com/YuG1224/node-weather-app/releases

node-webkit の存在を初めて知った時、HTML/CSS/JavaScript/Node.js の技術でネイティブアプリが作れるのかすげぇ!と思ったけれど、node-webkit の実体は WebKit ブラウザなので当たり前っちゃ当たり前。

読み込むファイルを node-webkit.app/Contents/Resources/app.nw に固めて置くだけですごく簡単だし。

本来は、HTML や package.json、node_modules 等を zip に固めて app.nw にリネームするらしいけれど、app.nw ディレクトリ配下に HTML 類を配置するだけでも可能でした。

実際にはブラウザ起動しているしネイティブアプリでは無いけれど、書き慣れた言語でネイティブアプリっぽいものが作れるのはすごく魅力的。

今回は配布するアプリとして実装したけど、デジタルサイネージなどの端末にインストールして置いておく系アプリの実装にも便利だと思う。

node-webkit で NHK News を連続自動再生するアプリ作った の中であったけれど、確かに同感。便利だと思う。

個人的には、これで配布する形にしてしまえば、アクセスしてくるブラウザやバージョンを指定できるので、各ブラウザ毎のテストが減るしすごく嬉しい。

IE 対応とか IE 対応とか...