PhoneGap 3.0 をインストールして、 Hello, World.

iOSアプリを作ってみたいけど、Objective-Cは出来ないのでPhoneGapに手を出してみる。

PhonGap 3.0 から Node.js の npm を使ってインストール出来るようになったらしくすごく簡単!

インストールの手順としては、公式ページに書いてある通り。

// インストール
$ npm install -g phonegap
npm http GET https://registry.npmjs.org/phonegap
npm http 304 https://registry.npmjs.org/phonegap
npm http GET https://registry.npmjs.org/node-static/0.7.0
npm http GET https://registry.npmjs.org/cordova/3.0.9
npm http GET https://registry.npmjs.org/phonegap-build/0.8.4
npm http GET https://registry.npmjs.org/optimist/0.6.0
...以下略

インストールが完了したら、試しに Hello, World.

// PhoneGap Projectの作成
$ phonegap create helloWorld
[phonegap] created project at /Users/user/helloWorld

// iOS用にビルド
$ cd helloWorld
$ phonegap build ios
[phonegap] detecting iOS SDK environment...
[phonegap] using the local environment
[phonegap] adding the iOS platform...
[phonegap] compiling iOS...
[phonegap] successfully compiled iOS app

ビルドが完了すると、helloWorld/platforms/の中にiosディレクトリが作成され、iOSアプリ用のプロジェクトファイル類が格納されています。

同様に、$ phonegap build ios のios部分をandroidに変更するだけで、androidディレクトリが作成されます。

ビルドされているのを確認したら、iosディレクトリ内にある HelloWorld.xcodeproj を Xcode で実行します。

実機ではなくiOSシミュレータでですが、問題なくアプリとして起動出来ることも確認できました。

iOSシミュレータ画面

PhoneGap