iPhoneやiOSのバッテリを長持ちさせるな。

iPhone や iOS がアップデートされる度に思うこと。

それは「バッテリを長持ちさせる方法を書くな」ということ。

自動アップデートはオフ!7GB 制限かかるの嫌だもんね!♪

位置情報はオフ!プライバシー的にもこれで安心!♪

Bluetooth もオフ!Bluetooth イヤホンを使わないなら意味ないよね!♪

WiFi オフ!移動中は接続確認されるのめんどくさいよね!♪

まじ、ふっざけんなよ。

バッテリを長持ちさせるために機能を制限させるなんて言語道断。

せっかく Apple のエンジニアたちが、素晴らしい機能を搭載させた OS と端末をリリースしているのに、 バッテリを消費するって理由でオフにされたら、宝の持ち腐れだ。

自動アップデート

自動アップデートは絶対にオンにするべきだ!

使っているアプリでバグ修正があった場合など即座に反映してくれて、常に最新の安定した状態のアプリを使うことが出来る!

自動アップデート

古いバージョンを使い続けていて、最新バージョンで直っているバグに文句言っている奴らなんて滅べばいいのに。(IE6 とか...IE6 とか...

位置情報

位置情報もオンにしておいて損はない!

位置情報を使って、さらに便利に使えるアプリはとても多い!

例えば、乗換案内は出発または到着に「現在地」と入力すると、位置情報を取得して検索してくれる!

乗換案内

iPhone 紛失時に探すことが出来るアプリiPhone を探すだって、位置情報がオンになっていないと探すことすら出来ない!

iPhoneを探す

AirDrop

iOS 7 からは、近くの端末と AirDrop で写真や動画、さらには Web ページなんかを共有できるようになった。

この AirDrop を利用するには、Bluetooth と WiFi をオンにしておく必要がある!

ちなみに、iOS 7 には Bluetooth を利用する iBeacon という近距離無線通信機能もついていて、世の中がどんどん便利になっていきそうなのに、これをオフにするなんて愚の骨頂だ!

参考:[iOS 7] O2O 業界の新たな風!?  iBeacon とは

結論

テクノロジーは進化していくのに、それに付いて来れない人間が多すぎる。

古い考えは捨てて、新しい機能をどんどん利用して、毎日を有意義に過ごした方が何倍何十倍も幸せになれる。

それでもやっぱりバッテリの持ちが気になるならば、こまめに充電したり、外部バッテリを持ち歩くべきだと思う。