avnを使って利用するNode.jsのバージョンを自動で切り替える

普段 Node.js のインストールには nodebrew を使っているのですが、利用するバージョンを自動で切り替えるために avn を導入してみました。

wbyoung/avn

Automatic Version Switching for Node. Contribute to wbyoung/avn development by creating an account on GitHub.

avn の使い方は簡単。 avn とバージョンマネージャー用のプラグイン avn-nodebrew をインストールし、 setup コマンドを実行するだけ。 また、プラグインは avn-nodebrew だけでなく、 avn-navn-nvm もあるようです。

npm install -g avn avn-nodebrew
avn setup

avn setup の完了後は .node-version ファイルが存在するディレクトリに移動するだけで Node.js のバージョンが自動で切り替わるようになります。

画像1

ちなみに zsh で avn を利用しようとすると、shell ログイン時に defining function based on alias `cd'parse error near `()' などのエラーが表示されることがあります。

その場合は ~/.avn/bin/avn.sh の該当箇所を cd() から function cd() のように修正することで回避できるようです。

{
  function cd()    { __zsh_like_cd cd    "$@" ; }
  function popd()  { __zsh_like_cd popd  "$@" ; }
  function pushd() { __zsh_like_cd pushd "$@" ; }
}

以上